【賛否両論】日本代表の時間稼ぎボール回しについて

スポンサードリンク

日本代表が2大会ぶりの決勝トーナメントに進出が決定しましたが、試合終了前の時間稼ぎのボール回しについて、世界中から賛否の声が上がっています。

世界で見ると恐らく9:1ぐらいの割合で批判が多く、日本国内ですと6:4ぐらいで擁護派が上回っているのではないでしょうか?

これはルール上でも非常に難しい問題ではありますが、今後もまだこの問題は尾を引きそうです。

今大会から新しく適用された新ルールの「フェアプレーポイント」というのも絡んだ問題だった為、西野朗監督も難しい選択を迫られましたが、日本代表の決勝トーナメント進出の安全策を選びました。

あの時攻めていたら負けていたかも

ハッキリ言いますが、今の日本代表は世界から見ると弱いです。

ポーランド代表は、あの試合でモチベーションが下がっていたとはいえ、日本代表の比では無くボールを奪われていたら簡単に追加点を取られていたでしょう。

レベル的には、大学生と中学生が試合をしているような物です。

実際試合にも負けていますし、やる気の無いポーランド代表に対しても1点も取る事が出来ませんでした

その様な状態で、追加点を取られていたら間違いなく1次リーグ敗退となっていました。

ドーハの悲劇の再現は避けたい

日本代表には、過去にドーハの悲劇という苦い経験があります。

ロスタイムの残り僅か10秒でイラクに得点を決められ、ワールドカップに行けなかったのです。

※ちなみに現日本代表コーチの森保一さんはその時のレギュラーです。

結果論ですが、あの時に時間稼ぎをしてでもいいからボールを廻せば切り抜けられたのです。

日本人らしく正攻法で最後まで攻め続けた為に、最後カウンターをもらい失点してしまいました。

個人的には、時間を使ってもいいからワールドカップに行って欲しかったです。

結果的にワールドカップに行けなかった訳ですから、その時の日本代表にはまだそれだけの実力がなかったのかもしれませんが。

時間稼ぎはどこでも行われている

勝つための常套手段として、ボール回しや時間稼ぎは実際どこでも行われています。

欧州や日本のJリーグでも普通にやっているのは事実です。

しかし、ワールドカップという大舞台で、しかもあのようなあからさまなボール回しというのは見た事がありません。今後も無いでしょう。

会場からは、大ブーイングでベンチから指示を受けた日本代表の選手たちも、本意ではない行動だけにいたたまれなかったはずです。

日本代表のメンバーとしても、日本が決勝トーナメントに進出する為には仕方のない行動だったのです。

一方、日本代表サポーターからは

①そんな事で決勝トーナメントに進出しても嬉しくない

②応援する気が失せた

③次のベルギー戦で負けてしまえ

といった声が出ています。日本サッカー協会にも抗議の電話が殺到しているはずです。

スポンサードリンク

今後日本代表がやるべき事

日本代表としては、決勝トーナメントに行けたものの喜びは少なく、負の遺産を作ってしまいました。

こちらの記事にも書いていますが次のベルギー戦でしっかり勝ってこの悪い流れを止めるしかありません。

日本VSポーランドの総評!酷評も1次リーグ突破が絶対条件

2018年6月29日

今回の時間稼ぎのボール回しを負の遺産とするならば、ベルギー代表に勝利しベスト8に進出して日本代表の新しい記録を作ってしまえば、批判も和らぐでしょう。

今のベルギー代表は、レギュラーのみらなず控えの選手でさえワールドクラスの選手が揃っている優勝候補です。

日韓ワールドカップで引き分けた時のベルギー代表ではないので勝つのは厳しいですが、もし勝てたら批判を一蹴する事が出来るはずです。

今後の日本代表の課題【底上げ】

今後、日本代表が強くなっていく為には、本田圭佑選手のように幼少期から高い志を持って世界で活躍する選手を排出していかなければいけません。

本田圭佑選手は、現役の選手でありながら既にその試みを実践し、日本サッカー界の底上げを図るべく、日本各地にサッカースクールを開講し指導にあたっています。

本田圭佑まとめ

2018年5月12日

本人は多忙の為、直接の指導は出来ませんが、父親を代表に据えて専属のコーチが指導にあたってくれるので問題は無いです。

たまにイベントには参加しているようなので、お子さんがサッカーをやっているのであれば本田圭佑選手のサッカースクールに入るのはおすすめです。

▼ロシアワールドカップを2倍楽しむ▼

ロシアワールドカップ2018の観戦ガイド本をご紹介!

2018年5月16日

今後の日本代表の課題【Jリーグの活性化】

日本にJリーグが誕生して今年で25年経ちますが、他の国と比べると盛り上がっていないのは確かです。

サッカーは、日本代表だけを応援する「にわかファン」が多く、Jリーグの試合は年間で1試合も見ないという方が多いのではないでしょうか?

スポーツニュースでも、野球ばかりが取り上げられてJリーグは速報でも流れれば良い方なので、メディアでもあまり話題になりません。

Jリーグの活性化こそが、日本代表の強化にも繋がるので日本代表選手が在籍するJリーグにも、もっと注目して欲しいです。

まとめ

ロシアワールドカップが終わるまでは、日本代表のボール回しについて批判されると思いますが、結果としてアジア勢で唯一決勝トーナメントに進出出来たのは誇らしい事です。

日本代表はベルギー戦で勝ちますが、万が一負けたとしても胸を張って日本に帰って来て下さい。

ブログ管理人yoshiの予想【日本代表2-1ベルギー代表】

決勝トーナメントに進出して夢を見させてくれた日本代表には感謝です。

▼ロシアW杯のまとめ記事はこちら▼

ロシアワールドカップまとめ

2018年6月4日