【おかざこ】と言い間違えてしまったアナウンサーとは?

スポンサードリンク

大一番となったロシアワールドカップ1次リーグの日本代表VSセネガル代表戦。

固唾を飲んで日本国中が見守っていました。

緊張感の中で試合を見守っていましたが、解説のアナウンサーが思わぬ「失言」をしてしまうハプニングがありました。

解説の中で「おかざこ」と言ってしまったのです。

そのまま訂正する事も無く、解説を続けましたがSNS上でじわじわと話題になりツイッターでも一気に爆発する事態となりました。

失言してしまったアナウンサーとは?

この日の日本代表VSセネガル代表戦を実況アナウンスしたのは、日本テレビアナウンサーの田辺研一郎アナでした。

間違いを訂正しなかったという事は、自分でも気が付いていなかった可能性が高いです。

失言した理由とは?

恐らく岡崎慎司選手と大迫勇也選手が被って「おかざこ」と発言してしまったものと思われます。

最後の文字が一文字違っただけで大違いですね。

おかざき → ○

おかざ → ×

誰も間違いに気が付かなかったのだろうか?

この日は、番組のメインキャスターに手越祐也さんと元日本代表ミッドフィルダーの北沢豪さんと進行役の日本テレビアナウンサー桝太一アナがいました。

番組終了まで、くまなくチェックしましたが、この「おかざこ」発言には一切触れることはありませんでした。

SNS上で爆発的に話題になっている事に御三人方は、まだ知らないようです。

しかし、深夜とはいえ今回もかなりの高視聴率だった事は間違いないので、後になって必ずこの間違いが取り上げられるでしょう。

※NG大賞など

この間違いが指摘されなかったのには、もう一つ理由があります。

間違いに気が付かなかったもう一つの理由

視聴者が試合に集中していて直ぐに間違いに気が付かなかったからです。

皆さん真剣になって、サッカーの試合を観戦し見守っている中での失言だつただけに、田辺研一郎アナが「おかざこ」と言った事にほとんどの人がスルーしてしまいました。

後になって、あれ?さっき「おかざこ」って言わなかった?となったのです。

田辺研一郎アナも日本人ですので、実況中継をしていながら興奮のあまり失言してしまったものと思われますが、たった1文字でも

岡崎慎司選手が雑魚

と、捉えかねないアナウンサーとしてはやってはいけないミスでした。

後日この間違いは、本人の耳にも届く事でしょう。

実際、岡崎慎司選手は雑魚ではありませんし、田辺研一郎アナも間違いを指摘され反省しているはずです。

アナウンサーが間違いに気が付かない程、日本代表VSセネガル代表戦というのは、白熱する試合だったといえます。

スポンサードリンク

「おかざこ」発言の動画

やはり間違いなく「おかざこ」と発言しているのが確認できます。

本人は全く気が付いていないようです。

※こちらの動画は直ぐに消される可能性が高いので今のうち見ておいた方が良いですよ。

田辺研一郎アナの動画

田辺研一郎アナの試合前の動画がありましたのでご紹介致します。

この時はまだ冷静沈着で、しっかり解説しています。

普段の田辺研一郎アナであれば、あのような言い間違えはしないはずです。

田辺研一郎アナのプロフィール

田辺研一郎アナとはどの様な人物なのでしょうか?

詳しいプロフィールを見ていきましょう。

本名 田辺研一郎(たなべ・けんいちろう)
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1977年12月12日(40歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学経済学部卒業
勤務局 日本テレビ放送網
部署 編成局アナウンスセンターアナウンス部
活動期間 2000年 –
ジャンル スポーツ
配偶者 我妻絵美

※ウキペディア調べ

慶応大学時代はサッカー部に所属し、主将まで務めていたようです。

面白いものを発見してしまいました。ウキペディアで田辺研一郎さんのプロフィールを見ていたら

「慶應義塾体育会ソッカー部主将」

となっています。

田辺研一郎さんのウキペディアをご参照下さい。

この様にウキペディアも間違いがあるので、田辺研一郎さんの「おかざこ」発言も大目に見ましょう。

学生時代からスポーツマンだったらしく、その経歴を買われてスポーツ系のアナウンサーを務める事が多いようです。

サッカー以外にも、オリンピックやアメリカンフットボールなどなど。

普段は非常にまじめなアナウンサーである事をご理解下さい。

▼ロシアワールドカップを2倍楽しむ▼

ロシアワールドカップ2018の観戦ガイド本をご紹介!

2018年5月16日

まとめ

誰にでも間違いはありますが「おかざこ」発言は、今後も尾を引きそうです。

日本中が見守る一戦だっただけに、この失言は格好のワイドショーネタとなってしまうかもしれません。

失言はさて置き、日本代表は何とか引き分けに持ち込めて良かったです。

明らかにセネガル代表の方が実力は上でしたからね。批判されていた本田圭佑選手も見事にゴールを決めた事ですし。

田辺研一郎アナは、これに懲りずに実況の方を頑張って頂きたいです。

▼ロシアW杯のまとめ記事はこちら▼

ロシアワールドカップまとめ

2018年6月4日