本田圭佑のサングラスや腕時計とは?香水等もプロデュースで人気沸騰中!

スポンサードリンク

 
サッカー選手でオシャレ番長といえば、真っ先に本田圭佑選手が頭に浮かぶのではないでしょうか?

サッカーでの話題もさることながら、その類まれなファッションセンスにも注目を集めてきました。

注目されるのは、主に空港でのファッションで、三浦知良選手に始まり中田英寿さんが引き継ぎ、現在では本田圭佑選手が「成田ブランド」としてメディアで取り上げられています。

本田圭佑選手の最新ファッションを紹介

三浦知良選手の場合は、スーツ姿が多かったですが、中田英寿さんはやや奇抜なスタイルが注目されていました。本田圭佑選手の場合も、独自のスタイルでメディアで取り上げられ、かなりの話題となりました。

ファッションと同等に、拘りを見せているのがサングラスや腕時計などのアクセサリー類です。一流選手は、身に付けるものまで気を配ります。

それでは、今回は本田圭佑選手のトレードマークとなっているサングラスについて、時系列で詳しく解説していきます。

本田圭佑選手のサングラスコレクション①

ヴァベーネのサングラス【2011~】

こちらは、まだCSKAモスクワ時代に成田空港で撮られた一枚です。この頃から貫禄がありますね。

この時にかけていたサングラスは、VABENE(ヴァベーネ)のサングラスになります。色は黒ではなくパープルで、どこか遊び心を持っているような印象を受けます。

ヴァベーネというブランドは、イタリアでは非常に有名で、ジョルジョ・グリモルディがデザインを手がけ、今までは主に時計や宝飾品などを販売しておりました。

そんなイタリアミラノでは、知らない人がいないというほど有名なブランドで、サングラスも新たに販売するようになったのです。

そこで、流行に敏感な本田圭佑選手がいち早く目を付け、ヴァベーネのサングラスを見に付けたという訳です。

ディータのサングラス【2012~】

次は、DITA(ディータ)のMACH-ONEという種類のサングラスになります。角ばったデザインとスモーク仕様でまるで印象が変わってきます。少々威圧感さえ漂いますが、人気のモデルとなっております。

こちらはDITA(ディータ)でもまた別のモデルになります。黒のジャケットに似合うサングラスです。

この時代はディータのブランドを愛用していたようです。

ちなみにミンティアのCMで着用しているサングラスもディータの23000E CENTURYというモデルになります。

▼ディータのサングラスはこちら▼

ディータのサングラスは、最高品質の素材と日本の職人の繊細な技術で作られた最高の一品となっております。

デザインも和と洋の良いところを融合させたような今までに無い斬新なデザインが特徴で、デザイン性に優れているだけではなく、エレガントさも兼ね備えているサングラスとも言えます。

その為、世界中のセレブからも愛用者が存在し、ハリウッドスターのブラットピットやキャメロン・ディアスなどもディータのファンとして、顧客リストに含まれています。

本田圭佑選手のサングラスコレクション②

マイキータのサングラス【2013~】

こちらは、CSKAモスクワから名門ACミランへ移籍した時に着用していたサングラスです。

この時の本田圭佑選手のお気に入りは、MYKITA(マイキータ)というメーカーでSLYのGOLDLINEカラーというのを好んで着用していました。

この他にも、空港に姿を見せていた時は、レイバンのサングラスだったりジョルジオ・アルマーニも着用したりと、気分やファッションに合わせてサングラスも変えていたと思われます。

本田圭佑選手が、マイキータのサングラスを着用する事により、一躍有名になってしまいました。本田圭佑選手の影響力が伺えます。

マイキータのサングラス【2017~】

こちらは、メキシコの名門パチューカに移籍が決まった時の頃に撮られた一枚です。

この時にかけているサングラスもマイキータなので、本田圭佑選手はマイキータのサングラスがお気に入りのようです。

▼マイキータのサングラスはこちら▼

マイキータのサングラスとは、ドイツのブランドです。製造は大量生産ではなく、職人が手作業により一つ一つ丁寧に作り上げられます。

特徴的なのは、ネジや溶接などは一切使わないという作りにあります。作りはシンプルでありながら耐久性と柔軟性に富んでいて、それでいて非常にかけやすく、顔にフィットする感覚を得られます。

特徴的で独特なフォルムも人気の秘訣となっており、平均的な価格は5万円~6万円と一般庶民からすると少々お高めですが、セレブ気分を味わうひと時と、一生物のアイテムとして考えれば価格的にはリーズナブルかもしれません。

スポンサードリンク

本田圭佑選手のサングラスに関する疑問

本田圭佑選手は、世界的なサッカー選手として世間から注目されますので、どうしてもファンとしては気になる点が数多く存在します。

そんな本田圭佑選手の気になる疑問を全て解決していきましょう。


Q 何故いつもサングラスとかけているのですか?

A ただのファッションです。

2012年6月のレーシック手術を受けた目を隠す為などと、ネット上では噂されていますが、深い意味は無いそうです。何度も同じ質問をされて嫌になってしまう程ですが、本田圭佑選手は紳士的に対応されています。

Q 何故空港内だけではなく、機内でもサングラスをかけているのか?

A 常に人に見られる商売だから。

本田圭佑選手は、移動中の機内でもサングラスは欠かせません。日本代表のバスの車内でもサングラスはかけたままだといいます。これは有名人であるがゆえに「常に人に見られている」という意識を常に持っているからではないでしょうか。現にACミラン在籍時には、チームメイトを集めたバーベキュー大会において、他の選手はTシャツに短パンといったラフな格好なのに対し、本田圭佑選手だけはジャケットを着用という、あり得ないような出で立ちで参加していました。これも常に人に見られているという意識の表れではないでしょうか。

サッカー以外でも常に注目を集める本田圭佑選手ですが、CSKAモスクワからACミランに移籍した当時、空港でマイキータのサングラスをかけていた事から、問い合わせが殺到し一時品切れ状態を起こしてしまう程の人気ぶりでした。

本田圭佑選手の腕時計コレクション

本田圭佑選手は、サングラスだけではなく腕時計にも強いこだわりを持っているようです。

本田圭佑選手の愛用ブランドといえば、ずばりGaGa MILANO(ガガミラノ)になります。ガガミラノともスポンサー契約していた事もあり、数々の種類の腕時計をはめていた事で話題となりました。

2010年南アフリカワールドカップ大会において、本田圭佑選手が大活躍した事もあり着用していたガガミラノ人気が爆発!ワールドカップ大会前よりも数十倍も売り上げが上がったといいます。この時は本田△(本田さんかっけー)なる流行語まで飛び出し、有言実行男としてかなりの影響力があった時期です。

ガガミラノ腕時計【2011~】

本田圭佑選手がガガミラノと契約した初期の頃に付けていた腕時計が、こちらのガガミラノ5012.3モデルになります。

ガガミラノのデザインにしては、シンプルで誰が付けても違和感のないモデルではないでしょうか。シックなデザインのスーツに合いそうなカジュアルな腕時計です。

ガガミラノ腕時計【2014~】

こちらのモデルは本田圭佑選手が、ACミラン在籍時に付けていた腕時計です。

名称は「ガガミラノ5012.Las Vegas」で、名前の通りデザインはカジノを連想させるデザインとなっております。中央にはトランプ、文字盤にはルーレットを思わせるデザインが施されています。

一見腕時計としては、文字が見ずらい印象がありますが、あくまでファッションという感覚で見に付けたい腕時計です。

カルティエ腕時計【2014~】

この頃の本田圭佑選手は、ガガミラノとの契約が終了した事もあり、カルティエの腕時計を好んで着用しておりました。

洗練された大人の雰囲気を醸し出すデザインで、中年層に受けそうな腕時計になります。シックなデザインの中にも最先端の技術が詰め込まれた一品となっております。

Gショック腕時計【2017~】

本田圭佑選手がメキシコのパチューカに移籍した時に会見で着用していた腕時計です。

こちらは日本が世界に誇る腕時計として有名なCASIO(カシオ)のGショックになります。右腕に着用しているモデルはGショックのGA-710GB-1AJF(18,500円)で、左腕に着用しているモデルは、G-7900-1JF(12,500円)になります。

この時、本田圭佑選手はカシオと契約していた訳ではなく個人的な思いがあってか、日本製の腕時計をはめていたのかも知れません。

今までの腕時計とは打って変わって、価格も非常にリーズナブルで一般庶民でも買えそうなモデルを着用していたのも好感が持てます。

▼ガガミラノの腕時計はこちら▼

本田圭佑選手の腕時計に関する疑問

本田圭佑選手の腕時計についての疑問を解決していきます。

サングラス同様、腕時計についても数々の疑問が付いて回ります。それを1つ1つ紐解いていきましょう。


Q ガガミラノと契約に至った経緯とは?

A 本田圭佑選手が契約前から愛用していたから

本田圭佑選手は、ガガミラノと契約していましたが、契約する以前からガガミラノを愛用していました。

それを聞きつけたガガミラノ側が、本田圭佑選手に専属契約を申し込んだといいます。当時時計メーカーとスポーツ選手との契約というのは、非常に珍しいケースだったようです。

契約に至った経緯としては、本田圭佑選手が、ガガミラノを着用していたという事も大きく関係していたのですが、ガガミラノ側の商品のコンセプトと本田圭佑選手のイメージが見事に合致した事が、一番の理由だそうです。

結果的に、この契約はガガミラノ側にとっては大きな利益をもたらす大成功の結果となりました。本田圭佑選手とは、その後一度は契約が切れたものの再度契約を結んだりと蜜月の関係となりました。更にその後、ガガミラノは日本代表で活躍した柿谷曜一郎選手と契約しております。

Q 何故両腕に腕時計を付けているの?

A 誰が時計は片腕って決めたん?

驚きの逆質問が返ってきました。いかにも常識にとらわれない本田圭佑選手選手といったところではないでしょうか。

余談ですが、野球選手のイチロー選手も実は次男なのですが、父親のチチローさんが「次男だからといって一郎と名前を付けて何が悪い」といって次男であるイチロー選手に一郎と名付けたのを思い出してしまいました。やはりトップに立つ人というのは、常識にとらわれない方が多いですね。

話は戻って、本田圭佑選手ですが人前に出る時だけではなく、プライベートでも両腕に腕時計を常に付けているそうです。

これには、諸説色々な話があって本人のみぞ知る事実ではありますが、一つ一つ見ていきましょう。

①神の子マラドーナが両腕に腕時計をしているのを真似している説

本田圭佑選手が、マラドーナを尊敬しているかどうかは定かではありませんが、マラドーナはかなり以前から両腕に腕時計をしていたようです。これはちゃんとした理由があって、遅刻の多いマラドーナは遅刻防止の為に腕時計を二つしているのだそうです。

サッカー界では神の子として崇められたマラドーナですが、確かに私生活ではだらしなさそうですので、この理由は分かる気がします。それを模して二つ付けるようになったという説があるようです。ちなみに日本代表にも選ばれた事がある前園真聖さんは、マラドーナを尊敬し現役時代はマラドーナの真似をして耳にピアスをしていましたが、腕時計は二つしていないようです。

②ボディーバランスを保つため・クラシックを追い求めている説

TBSのスーパーサッカーの番組内で、日本代表の先輩である小倉隆史さんに「何故腕時計を二つしているのか?」と率直に質問された時に、最初はボディーバランスを保つためと回答していましたが、激しいツッコミに合い日本代表の大先輩には嘘は付けずに、その後「クラシックを追い求めている」と意味不明な回答をしておりました。

結局のところ本人からは明確な回答は得られなかったという事です。

③結論

総評すると、マラドーナを模しているという説が最も有力な気がします。プレイスタイルも似ていませんし、尊敬しているなどの発言も無いので、何の根拠もありませんが、確かにマラドーナの方が先に両腕に腕時計を二つ付け始めていますので、二つ付けの先輩という事で宜しいのではないでしょうか。

前にも演歌歌手で両腕に金の腕時計をしていた鼠先輩という方もいましたので・・・。

Q 右腕と左腕に付けている腕時計の時間が違う?

A 両方とも時間は同じ

本田圭佑選手のモノマネをしているじゅんいちダビッドソンは、左に付けている腕時計がミラノの時間で右に付けている腕時計が日本時間という設定になっていますが、実際の本田圭佑選手が身に付けている腕時計はどちらも同じ時間を指しているといいます。

しかし、オランダにいるときは、オランダの時間と日本の時間で調節していたそうです。はっきり言うとあまり時間というものにはこだわっていないのかもしれません。あくまで本田圭佑選手にとって腕時計というのはファッションの一部なのかもしれません。

スポンサードリンク

本田圭佑選手プロデュースの香水

オシャレに拘りのある本田圭佑選手は、香りにも拘ります。本田圭佑選手がプロデュースした香水がその名も「ロードダイアモンドバイケイスケホンダ」です。

宝石の最高峰であるダイアモンドの名に恥じぬ、高品質のフレグランスになります。容器はダイアモンドを模した形状になっており、一見高貴な香りと思いきや柑橘系のフルーティーな香り。フレッシュな中にも奥深さがあり、吸い寄せられるような甘い香りにうっとりしてしまいそうです。

こちらのシリーズは累計で100万本以上売れており、香水の他にもボディーソープやフェイスローション、UVケアクリームなど様々なボディーケア商品を販売し、人気を博しております。

大人気の香水も、お手頃な価格で次々と新商品が発売され話題となっている商品です。特に人気の「ロードダイアモンド バイ ケイスケホンダ オードトワレ 50ml」は、素材にもこだわり男性でも女性でも性別を問わず、使える香水となっております。

ロードダイアモンドシリーズはバカ売れ!

こちらの香水は、ロードダイアモンドシリーズの中でも最も売れた一品で、フルーティーな香りの正体は「マンゴスチン」です。きつ過ぎず、夏の楽園を思わせるような爽やかな香りは、女性にも好まれます。

▼ロードダイアモンドの香水はこちら▼

男性であれば、世界の本田に香りだけでも近づけるチャンスかもしれません。ロードダイアモンドシリーズは、他にもたくさんの種類が販売されていますので、ご自身のお好みに合わせて選ぶ事も可能です。

本田圭佑選手は、プライベートと試合用で香水を使い分けているそうで、香りにも繊細なこだわりを持っている事が伺えます。以前から自分でプロデュースする香水が作りたかったそうなので、正に夢が叶ったのではないでしょうか。

これからも、続々と新商品が販売されるので、本田圭佑ファンは見逃さないようにしましょう!

まとめ

本田圭佑選手は、サングラスから腕時計に至るまで、身に付けるファッションに合わせて選んでいるというのが良く分かります。

サングラスも腕時計も、常に人に見せるという事を意識しているのです。

特に本田圭佑選手が身に付けている腕時計(ガガミラノ)などは、注目度を上げ高額なブランド商品でありながら、人気が出ています。

香りにも拘り、プロデュースした香水も品切れが続出中という事で、本田圭佑選手の人気の高さが伺えます。

▼本田圭佑選手のまとめ記事はこちら▼

本田圭佑まとめ

2018年5月12日
スポンサードリンク