本田圭佑の本から学ぶ名言やメンタル術!世界で活躍する男の成功秘話

スポンサードリンク

 
世界的なサッカープレイヤーとなった本田圭佑選手を読み解く上で、スポーツライターが本人に直接インタビューし、書き記した本は非常に価値があります。

対話の中から見えてくる数々の名言や金言の数々・・・。

普段テレビの取材では語られない、心の深層部分にまで「スポーツライターの巧みな話術」で本音を引き出します。直接本人が書き記した自伝本ではありませんが、プロならではの観点から上手くまとめられ編集されていますので、読みやすいです。

本人は「凡人」と表現し、小学生の頃はサッカーが下手だったと公言していた彼が、何故日本代表のエースにまで登りつめたのか、本を見れば納得できます。

それでは本田圭佑選手を取材し、一冊の本にまとめられた様々なテーマの本を見ていきましょう。

本田圭佑選手のおすすめ本

※画像をクリックすると販売ページに飛びます。

有名スポーツ雑誌「Number」でも執筆しているスポーツライターの木崎伸也氏が、本田圭佑選手に直接取材し本音を聞き出し、まとめた本です。

2010年南アフリカワールドカップの活躍で、一躍時の人となった本田圭佑選手は、その後の取材を全て拒否しました。その様な状況下で、木崎伸也氏に語った本音とは?非常に気になります。

何度も本人の元に訪れ、最初は口を閉ざしていましたが、徐々に心を開き色々な事を聞き出しました。会話の中から見えてきた彼の本音とは?

サンケイスポーツの記者として長年スポーツに携わってきた本郷陽一氏が、書き記した著書になります。

こちらの本は、メンタルに重きを置いて執筆された本で、メンタルを強化したい人向けの自己啓発本となっております。

本田圭佑選手と錦織圭選手の二人の「K」には、成功法則なる物があった!サッカーとテニスでジャンルは違えど世界で活躍するアスリートである事は間違いありません。

自分の能力を最大限に生かすには?世界の壁を超えるには?など見どころがたくさんあり、読みごたえがあります。

本田圭佑選手の大叔父にあたる、本田大三郎さんが書いた著書になります。本田大三郎さんは、東京オリンピックでカヌー選手として出場し、息子の本田多聞さんもアマレスでオリンピック選手として活躍した凄い人です。

本田大三郎さんについてはこちらで詳しく

著書では、日本人が忘れかけている気持ちの大切さを説いています。本田圭佑選手も本田多聞さんも何故、世間が認める選手になれたかというと、夢を諦めずに骨になっても立ち向かう根性があったからだといいます。時代錯誤と思われてるかもしれませんが、熱いメッセージ性を感じる一冊です。

本田圭佑選手が、世界的なサッカー選手になるまでの過程を小学生時代からプロになるまでを詳しく解説した本です。

こちらの記事でも詳しく解説しています。

テレビでは語られないマル秘エピソードなども知ることが出来ます。

ブラジルワールドカップが行われる直前に、本田圭佑選手に直接インタビューした貴重な書物です。

この時、日本代表の顔であった本田圭佑選手は、ワールドカップ優勝を公言していましたが、直前ではどのような考えだったのかこちらの一冊を読めば詳しく分かります。

「本田圭佑という哲学」というテーマに、有名ジャーナリスト達が、様々な観点から本田圭佑選手を論じた書物です。

あのビッグマウス発言はどこから生まれるのかといった疑問や、並外れたストイックさの原点など、知られざる逸話なども数々紐解いています。

本田圭佑選手の発言が哲学的な訳とは?

本田圭佑選手の発言には、今までのサッカー選手には無い独特な思想が盛り込まれています。

時にはポジティブであったり、自己啓発的だったりと掴みどころが無く多彩です。このような発言が多くなった背景には「彼の読書好き」がかなり影響していると思われます。

名古屋グランパスからオランダのVVVフェンロに移籍した際、練習が終わってホテルに帰ると、毎日のように読書に耽っていたといいます。ホテル内の照明が暗くて目が悪くなってしまったほどです。

本田圭佑選手の目に関する記事はこちら

サッカー関連の本と思いきや、愛読書は成功者の経営哲学書などを読んでいるそうです。成功というゴールにたどり着けた人は、どの様な道をたどり、どの様な事を考えて成功を収める事が出来たのか?確かに気になるところです。

そういった方々の哲学的な考えが頭の中にインプットされている為、インタビューでも自然と哲学的な答えが出てしまうのではないでしょうか。メンタルの重要性も本から学んでいるようです。

本田圭佑選手の名言の中で多いものは?

本田圭佑選手は、数々の名言を残されています。名言の中で目立つものは、自分自身に向けた自己啓発的な名言です。

名言についてはこちら

最大のライバルは自分自身と位置づけ、壁にぶち当たった時でも「どうこの状況を打破できるか」と自問自答を繰り返し、今まで乗り越えてきたといいます。

試合中、相手のタックルを受けて足を怪我した時も、相手選手を責めるのではなく怪我をしたのはチャンスだと捉えて、普段できないような上半身の強化に取り組んだといいます。

逆境に立たされても、それをプラスに考えてしまうポジティブさは見習わなければいけません。

スポンサードリンク

ビッグマウス以上にあるものとは?

本田圭佑選手の真骨頂であるビッグマウスですが、自分の能力以上の目標を立ててしまい、その達成出来ないような目標を掲げる事によって、自分を鼓舞し力に変えるといいます。

彼の最も素晴らしい点は、その実行力と行動力なのです。

ほとんどの人は、目標を立てたとしても行動を起こさず、途中で投げ出してしまいます。行動したとしても続かず、止めてしまう背景には、辛い事をしたくないという心理があります。

本田圭佑選手の名言の中にもありますが、自分が成功した理由は「人が嫌がる事をやり続けられる」という強い心があるといいます。

また失敗する事を恐れて、挑戦すらしないというのは最低の考えで、失敗してもいいから挑戦する事に意味があるというのです。彼自身、今まで失敗だらけの人生で、挫折した事は何度もありますが、目標達成の為に立ち上がり努力したからこそ今の地位があるのです。

日本人に多いメンタルの弱さを克服する為にも、本田圭佑選手の本を読んで心の強化に励んで頂きたいです。

星稜高校の後輩に送った本とは?

2015年に行なわれた全国高校サッカー選手権大会において、本田圭佑選手の母校である星稜高校が念願の初優勝を勝ち取りました。

これは、本田圭佑選手でも成し得なかった事で、石川県勢としても初の快挙です。これに気を良くして、優勝した星稜高校サッカー部全員に、ある優勝記念品を贈ったのです。

通常であれば、スポーツ飲料や食品を送るところですが、そこは流石に違いました。サプライズプレゼントの中身は、本田圭佑選手が感銘を受けたという5冊の本だったのです。

①アインシュタイン150の言葉

②成功への情熱

③マネジメント エッセンシャル版

④アレックス・ファーガソン自伝

⑤キクタン英会話

本田圭佑選手らしいプレゼントで、英会話から経営学まで幅広いジャンルで読みごたえがあります。料金的には控えの選手も含めて全部員に送ったので100万円近くかかりました。

良い先輩を持って、星稜高校のサッカー部員は幸せ者ですが、送られた本をしっかり読んだのかは不明となっております。

まとめ

本田圭佑選手を取材した本は、かなり出版されていますので、ファンの方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

本一冊では、窺い知る事のできないスケールの大きすぎる存在の本田圭佑選手ですが、今後も様々な名言や金言を残していく事でしょう。

意外にも、スポーツライターがインタビューしてまとめた自伝本は数多く出版されていますが、未だに本人が書いた自伝本は販売されていません。

中々本音を語らない本田圭佑選手の真相を知る為にも、現役が終了した後でも良いので自伝本を出して頂きたいです。

▼本田圭佑選手のまとめ記事はこちら▼

本田圭佑まとめ

2018年5月12日
スポンサードリンク