本田圭佑のユニフォームをお得に購入!サイン入りも有り

スポンサードリンク

今回は、本田圭佑選手のユニフォームについてフォーカスしていきます。

プロとしては、名古屋グランパスから始まり、その後は世界を渡り歩いきた本田圭佑選手ですが、様々なチームのユニフォームに袖を通してきました。

その中でもセリエAの名門であるACミランで10番を背負ったというのは、日本人としてのみならずアジア人としても名誉な事です。

サッカー選手として、ビッグクラブのユニフォームを着て試合に出る事は、憧れであり目標でもあります。

ユニフォームとしては、時代に合わせて日々進化と改良がなされており、数十年もデザインが変わらないチームもありますが、素材や機能は全くの別物へと変化しているのです。

機能性の向上や新素材が使われているユニフォームを手に取ってみたり、実際に着てみたいサポーターは多いはずです。本田圭佑選手関連のユニフォームは、下記のリンクから購入可能となっていますので、関心のある方はリンクをクリックしますと、詳細ページに飛びますのでご参照下さい。

本田圭佑選手のユニフォーム

※画像をクリックすると販売ページに飛びます。

サッカー日本代表伝統の藍色を採用しており、縁起の良い「勝ち色」を表しています。原点色であるジャパンブルーをイメージし、勝利をもぎ取る意味合いが込められています。

胸のデザインは「刺し子柄」を施し、チーム一丸スタッフ一丸を合言葉にみんなで協力し合って紡いでいこうという強いメッセージがあるのです。

こちらは、ジュニア用の日本代表ユニフォームになります。これを着てスタジアムに行き応援するのも良し、自宅で家族と共に応援するのも良いでしょう。

選手たちと同じユニフォームを着れば、テンションも上がるはずです。

こちらは、白バージョンの日本代表ユニフォームになります。清潔感のある白を基調としたユニフォームで、個人的にはこちらの方が好みです。

アウェー用のユニフォームで、日本代表としてはあまりお目にかかることはありませんが、時たま白のユニフォームを着用していると新鮮さを感じます。

ACミラン時代のユニフォームになります。伝統的な赤と黒の縦じま模様に、世界のサッカー選手は憧れを抱いています。基本的なデザインは変わっていませんが、機能的にはかなりの向上をしているユニフォームです。

こちらのユニフォームを着て街を歩けば目立つこと間違いなしです。

こちらは貴重なACミランのユニフォームに直筆サインが入った一品です。特性フレーム入りで一家のお宝として自宅に飾れば自慢できます。

価格的にはお高めですが、それだけの価値があるユニフォームです。

こちらは、メキシコのパチューカ時代のユニフォームになります。ホワイトとブルーの爽やかな色合いが、カッコ良さを演出しています。プライベートでも十分着こなせる一着です。

本田圭佑選手の関連グッズ

スマホのアクセサリーに打ってつけのストラップです。ユニフォームが高くて購入できない方も、こちらの商品を購入してスマホに取り付ければ、いつでも日本代表の4番がそばに居てくれます。

今では、プロのサッカー選手でも身に付けている人がいなくなってしまったミサンガですが、プレイヤーズブレスレットという肩書で復活!こちらを身に付けて試合を応援しましょう。

本田圭佑選手の名言がプリントされたTシャツです。普段着としてもユニフォームとしても使えそうですが、非常に勇気が要ります。「本田圭佑愛」を表現するには良いかもしれません。

本田圭佑選手の名前が大きく入ったスポーツタオルです。スタジアムでも本田圭佑選手がゴールを入れた瞬間、サポーターがこちらのタオルを広げてアピールしている姿をよく見かけます。

こちらの商品も、本田圭佑サポーターをアピールするには欠かせないアイテムです。

ユニフォームの使い道

お気に入りのサッカー選手のユニフォームを購入する場合、ほとんどの人がそのユニフォームを着用し、選手になり切ってテレビやスタジアムで応援しています。

コスプレとはまた違った解釈になりますが、より選手に近い状態を作って疑似体験しているといえます。

しかし、ユニフォームは元々サッカーという激しいスポーツをする為に開発されたものなので、機能性は抜群です。素材は撥水性、吸水性、通気性に優れており、夏の普段着としても使用出来ますし、サッカーの練習着やジムでのトレーニングにも最適です。

【まとめ】

●普段着

●スポーツの練習着

●ジムでのトレーニング着

特にACミランのユニフォームは、CLIMACOOL機能という機能を搭載し、動き回って熱くなった選手の体温と汗を素早く逃し、体をクールな状態に保つ役割を果たします。

また、レプリカのユニフォームというのは、選手たちが着用しているユニフォームよりも、余裕がもたらされており、ゆったりとした着心地で、普段着としても十分活用出来ます。

サインをもらうならユニフォームの方が良い!?

こちらは本田圭佑選手のサインになります。

選手のサインは、一般的に色紙やボールにサインしてもらう場合がほとんどですが、ユニフォームにサインしてもらう方が、プレミアが付く場合があります。

オークションで、選手のサイン入りのユニフォームを見かけますが、やはりサイン入りの方が高値で売れるようです。

本田圭佑選手も何十年後にはレジェンドプレイヤーとなり、サイン入りのユニフォームは高騰する可能性もありますので、所持している方は大事に保管しておきましょう。

スポンサードリンク

ユニフォームの売れ行きで選手の人気度が分かる

本田圭佑選手がACミランに移籍した際、ユニフォームの売り上げが世界で10位にランクインしました。アジア人としてもACミランのチーム内でもトップの売り上げで、本田圭佑人気の凄まじさを実感した瞬間でした。

※この時の1位はマンチェスターユナイテッドのアンソニーマルシアル選手

世界各国の有名選手が並ぶ中で、堂々の10位という成績は、アジア全体の選手としても今後も抜くことは厳しいでしょう。

また、パチューカに移籍した際は、日本国内だけで2500枚以上という驚異の売り上げを打ち出しています。移籍した当初はパチューカのユニフォームの問い合わせが多く、パンク状態となり販売を開始したら即完売して、品切れ状態となっていました。

正に、ユニフォームの売れ行きが、選手人気のバロメーターとなっているのです。

日本代表のユニフォームの歴史

現在では、サムライブルーの名の元に、ユニフォームは藍色が主流となって長い歴史があります。しかし一昔前までは、白をベースとしたユニフォームを着用していました。

その後、1992年を皮切りに色の強弱はあるものの、藍色のユニフォームが採用されています。一時、赤色のユニフォームに変わった年もあったのですが、成績不振から元の藍色に戻した経緯があります。

ユニフォームの色が勝敗に関係しているのか?と考えてしまいますが、何より縁起に拘る○○協会ですので、今後も変わることは無いでしょう。

歴代の日本代表のデザインは不評な事が多く、炎をあしらったユニフォームの時も不評でしたし、刺し子柄と言われる点線のようなデザインでは、「切り取り線みたい」「ダサい」といった意見が出ています。これでは、モデルになった香川真司選手がかわいそうです。

中々皆さんが納得いく日本代表のユニフォームのデザインは生まれませんが、機能的には間違いなく向上していますので、選手のパフォーマンスでカバーして頂きたいです。

まとめ

本田圭佑選手のユニフォームは、現在でも人気があり売り上げは好調だといいます。未だに過去に所属したチーム(ACミラン・CSKAモスクワなど)のユニフォームが売れてるのです。

ユニフォームを購入し着替えれば、画面を通してでも同じ臨場感で試合に望むことができ、本田圭佑気分を味わうことが出来ます。

ユニフォームは、価格的にはお高めですが、服という観点から見ても丈夫で長持ちし高性能ですので、長い間使用できるのがメリットです。

これからも次世代型のユニフォームが続々と出てきますが、ユニフォームの機能が更に向上していけば、選手の負担も減り見事なプレイが増える事でしょう。

▼本田圭佑選手のまとめ記事はこちら▼

本田圭佑まとめ

2018年5月12日
スポンサードリンク